エド・シーラン、スポティファイ史上最も視聴されたアーティストに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エド・シーランが音楽ストリーミング配信サービスのスポティファイ史上最も視聴されたアーティストとなった。同サービス上で累計30億回以上の視聴数を達成し、これまで記録を保持していたエミネムを破り王者の座についたことがわかった。さらにエドは5900万人以上のリスナー数を誇り、今年英国内で最も視聴されたアーティストの称号も手にしている。

さらにスポティファイは本年度における最も成功した楽曲とアーティストのランキングであるイヤー・イン・ミュージックも発表しており、ドレイクが2015年の最も多い18億回の視聴数と4600万人リスナー数を保持しトップに輝いた。さらにリアーナは、ニューアルバム『アンチ』がまだリリースされていないものの、本年度世界で最もストリーミングされた女性アーティストとなり、10億回の視聴数、5700万人のリスナー数を獲得している。

一方、1日においてストリーミング数史上最高を記録したのは、11月13日に3600万回の視聴数を記録したジャスティン・ビーバーとなった。ジャスティンは同日に発売された最新アルバム『パーパス』のストリーミング数が2億500万回となり、1週間で最も視聴されたアルバムのこれまでの記録を塗り替えた。

メジャー・レイザーのMØとDJスネークがフィーチャリングした『リーン・オン』が5億4000万回で今年最も視聴された曲、スポティファイ史上最も視聴された曲とダブルでトップに輝いたほか、ザ・ウィークエンドの『ビューティ・ビハインド・ザ・マッドネス』が6000万人以上のリスナーを獲得して今年最も視聴されたアルバムとなった。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop