キーラ・ナイトレイ、チャリティ企画で私物の服を販売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーラ・ナイトレイがチャリティ企画で私物の服などを販売するという。戦争により荒廃した地域で新たな生活をスタートさせようと奮闘する女性たちを支援するための新プログラム「ワードローブス・フォー・ウィメン」の一環で、キーラは自身のグラマーなドレスやおしゃれな小物などを寄付し資金集めに貢献する。「クローゼットの中で服が眠っているのは悲しいわ。だから、こういう服たちに新しい場所を与えてくれるワードローブス・フォー・ウィメンに参加できるのはとても嬉しいわね」とキーラはコメントする。

長い間クローゼットの中にあったプラダの青と白のガウンを今回で手放したというキーラはさらに、「このシンプルでありながらもエレガントさもあるシルク製のプラダのドレスが大好きよ。友人の誕生日パーティーに着て行ったことがあって、私に夢のような感覚を持たせてくれたわ。このドレスを獲得した人は、私がそうであるように、気に入ってくれると願うわ」と続けた。

そんな中、今回の企画に参加したのはキーラだけでなく、エマ・ワトソンも私物の靴などを提供した。エマはヴォーグ誌に「これらのルブタンのソー・ケイトパンプスは沢山の特別な機会用だったの」「新しく履いてくれる人にとってもこれが特別な存在になってくれたらって願うわ。身に着けるといつだって気分がいいからね」とコメントする。

そのほかルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ドリー・ヘミングウェイも私物を寄付したワードローブス・フォー・ウィメンは、今月3日から14日に開催される。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop