エリザベス・テイラー、HIV患者のための秘密治療施設を運営していた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

故エリザベス・テイラーがHIV患者のための秘密治療施設を運営してようだ。エリザベスの友人エリザベスの友人で元スーパーモデルのキャシー・アイルランドは映画『ダラス・バイヤーズクラブ』のストーリーと似たような臨床試験中のHIV治療薬を患者たちが極秘に提供するような機関をエリザベスが運営していたとエンターテイメント・トゥナイトのインタビューの中で語った。「ベル・エアーの彼女の自宅で彼女が行っていた恐れ知らずの行動について話すわ。それは隠れ家だったの。多くは違法ではあったけど、彼女は色んなことをやっていて、そのことを命のためだと言っていたわね。HIVに対して何も出来ない時代の事だったわ」「仕事関係の人達は彼女に『こういうことに手を出すな』ってお願いしていたわよ。エリザベスは殺しの脅迫さえ受けていたんだから。彼女が友人たちに協力を求めた時には、周りの友人たちはイライラしていたわね。でも私は彼女のその勇気がとても好きだったわ」

2011年に79歳で他界したエリザベスはHIVに苦しむ人たちを助けるためにエリザベス・テイラー・エイズ基金を立ち上げ、この病気への認知を高める活動を精力的に行っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop