モーガン・フリーマンの乗った飛行機が緊急着陸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モーガン・フリーマンの乗った飛行機がミシシッピ州で5日(土)、緊急着陸を強いられたそうだ。当時モーガンのみを乗せていた同機は離陸して間もなく、タイヤが破裂したためにパイロットが緊急胴体着陸を行ったのだという。この事件についてモーガンは「時々物事は予定通りにいかないものだからね。タイヤが破裂してしまって他の問題を引き起こしたんだよ。でもありがたいことに僕の優秀なパイロットであるジミー・ホブソンが僕らにかすり傷も作ることなく安全に着陸してくれたのさ」「飛行機に関しては怪我もなくとは言えないけどね。私たちの安全のために祈ってくれて感謝しているよ」とコメントしている。

ナショナル・ジオグラフィック・テレビジョンのシリーズ『ザ・ストーリー・オブ・ゴッド』の撮影に向かう途中だったモーガンは、離陸地から36マイル(約58キロ)離れたミシシッピ州トゥニカに緊急着陸を行ったという。

自身も12年前にパイロットの資格を取得しているモーガンは、昨年ミシシッピ州の自宅から出演した『ルース&アレックス』の試写会が行われるトロント映画祭に自ら操縦かんを握る飛行機で向かう途中に機械故障により緊急着陸を強いられたため、映画祭に90分遅刻する事態となっていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop