ピート・ドハーティ、香港でスワーヴドライヴァーのボーカルから殴られる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピート・ドハーティが口論中に香港でスワーヴドライヴァーのボーカルであるアダム・フランクリンから殴られたようだ。ピート率いるザ・リバティーンズは同市でニュー・オーダーやダミアン・ライスなども出場したフェスティバル「クロッケンフラップ」に出ていてそこまでは順調だったようだが、アフターパーティーの際にひと悶着があったようだ。アダムが事の経過をNME誌に説明している。「九龍にあるWホテルのバーが土曜の夜に閉店するときに、誰かがピートと他の奴らがちょっとしたアフターパーティーをやっていた俺らの部屋に招待したんだよ。でも、部屋全体で言い争いになって、ピートは数分も滞在することはできなかったけどね。何が原因かは、奴に聞いてくれよ。でも奴が覚えていていないことは確かだろうから、聞くことができたらラッキーだけどね。奴は俺が(ザ・リバティーンズの)ゲイリー(パウエル)や友人たちと座って会話をしていたところにやってきたんだ」「それから、突然俺に向かって殴りかかってきたんだ。そのパンチは受けなかったけど、俺はたって、奴を殴ったんだ。それだけさ。それで、言っとくけどゲイリーはいい奴なんだけど、ゲイリーがピートを部屋から出してくれて、奴は『彼は俺を殴った!』って叫んでいたけど、みんなピートが俺を最初に殴ろうとしたって奴に指摘していたよ」

さらに、アダムはいざこざの原因になったであろうことにも触れ、「俺は『君が有名なピート・ドハーティさんかい?』って言ったんだ。ピートを追い出す前に俺がピートの前に立ちはだかりながら、言ったんだ。それがそこにいたみんなを楽しませたけど、きっとピートを苛立たせたんだろうな。だけど、なんていえばよかったんだい?奴は自己紹介さえもしなかったんだぜ!」と続けた。

リバティーンズの代理人もこの香港での出来事が起こったことを認めており「香港のショーの後にアドレナリンが多く出ている状態であり、残念ながら短い言い争いと意見の相違がありました。それに伴い怪我人は出ておらず、すぐに謝罪をいたしました」と同誌にコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop