エヴァ・ロンゴリア、共演者との交際の可能性を否定

エヴァ・ロンゴリアが共演者と交際することはないそうだ。『デスパレートな妻たち』などで知られるエヴァだが、共演者は自身にとって兄弟のような存在となってしまうため、交際相手として考えることはないのだそうだ。元恋人と一緒に仕事しなくてはいけない状態なったことはあるかと尋ねられたエヴァは「一度もないわ。共演者と付き合ったことは一度もないからね。それっておかしくなっちゃうの。だって主演の俳優とか共演者としょっちゅう恋愛関係になる女優さん達を目にしてきているけど、私ってむしろ正反対なんだもの」「一緒に仕事をすると兄弟のように感じてしまうの。(『デスパレートな妻たち』の)ジェシー・メトカーフとか(『テレノベラ』の)ジェンカーロス・カネラとかね。ロマンチックな関係よりも家族的な絆が生まれるの」と答えた。

現在は事業家のホセ・アントニオ・バストンと交際中のエヴァは現在、スペインのテレビ番組の舞台裏を描いた『テレノベラ』に出演中だが、そのとても特別なプロジェクトと感じる作品でテレビ界へ復帰したこと喜んでいるようでUSAトゥデイに「いつかはテレビ界に戻りたいと分かっていたけど、私は過去10年の中での傑作番組に出演していたからとにかくすごく特別なプロジェクトである必要があったの」「『デスパレート』では宝くじに当たったような気分だったから、また当てたかったの。色んな作品に目を通して、自分でも色々制作に携わったけど、『テレノベラ』は自分が出演することを前提にしないで制作していたわ。でも脚本家たちが初稿を書き上げた時に、その世界にすっかりはまっちゃって、このコメディ作をより一層進化させたくなったの」と語った。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop