ケイト・ブランシェット、『マイティ・ソー』第3弾に出演?

ケイト・ブランシェットが「マイティ・ソー」シリーズ第3弾となる『ソー:ラグナロク』に出演する可能性が出てきた。ケイトは同作品のヒロインとして出演するべくマーベル製作陣と話し合いを進めているそうだ。

バラエティの報道によると、今のところ同作品の中でケイトが具体的にどのような役回りを演じるのかは分かっていないが、クリス・ヘムズワースが再び主役として出演するほかアベンジャーズのキャラクターたちであるハルク演じるマーク・ファラロやロキ演じるトム・ヒドルストンらが出演することは決まっている。

2017年公開予定の同作にはタイカ・ワイティティが監督に決定しており、脚本はステファニー・フォルソムが最近書き上げたところだ。

ケイトは今年絶好調な一年を送っており、1950年代を舞台に繰り広げられるロマンス映画『キャロル』での演技に対しゴールデングローブ賞映画部門の主演女優賞ドラマカテゴリーでノミネートされている。高い評価を受けている『キャロル』でのケイトへの称賛はこれだけにとどまらず、全米映画俳優組合賞での女優賞の候補としても選出されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop