ルビー・ローズが婚約解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルビー・ローズとフィービー・ダールが婚約を解消した。米ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』でよく知られるルビーとファッションデザイナーのフィービーはわずか交際3か月であった2014年3月に婚約を発表していたが、2年間の交際を経て14日(月)に破局を発表した。

フィービーはUsウィークリーを通して声明を出しており、「一緒にいた素晴らしい2年間でしたが、ルビーと私は別々の道を歩むことを決めました。いまだにお互いに愛し合っていますし全てにおいて支えあっていますが、この決断は2人でたどり着いたものです。この破局はマスコミで囁かれているような噂がもたらしたものではなく、ただお互いにとって最適なことだからです。この困難な時期に私達のプライバシーを尊重してくださることに感謝します」とコメントする。

さらに、2人とも破局に対する思いをそれぞれツイッターで吐露している。ルビーは「親愛なるフィービーは私の心にずっとい続けるわ。一緒に過ごした時間をずっと大事にするよ。私達が一緒にいたことで、私はさらによりよい人間になったわ」とツイートし、それに対しフィービーは「ルビー・ローズ、あなたは私を最高のところまで導いてくれた。いつだってあなたを愛している。私達にどんな未来がまっているか見るのが待ちきれないわ」と答えている。

お互いの多忙なスケジュールや遠距離恋愛であったことも破局の原因になったとも言われている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop