『キャロル』、ロンドン映画評論家協会賞最多ノミネート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『キャロル』がロンドン映画評論家協会賞に7部門で最多ノミネートとなった。ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラが主演を務めた同作品は作品賞をはじめ、2人同時に主演女優賞にもノミネートされている。同作のメガホンを取ったトッド・ヘインズ監督も監督賞にノミネートされているほか、脚本を手がけたフィリス・ナギーが脚本賞に選出された。

英国のショートストーリー『イン・アナザー・カントリー』を基に製作された『45イヤーズ』が6部門ノミネートで『キャロル』に続いており、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『レヴェナント 蘇えりし者』『スティーブ・ジョブズ』が5つの部門に選出されている。

故エイミー・ワインハウスを題材にした『エイミー』も作品賞、英国作品賞、ドキュメンタリー賞などにノミネートされた。

ロンドン映画評論家協会のリッチ・クライン会長は「私達評論家は、幅広い意見と多くの評論を元にこれまで作品賞だけでも200作品以上をノミネートしてきました」「『タンジェリン』から『ジョイ』『ザ・ヘイトフル・エイト』に至るまで全ての作品に愛情が注がれてきました。今年の最終ノミネートリストを作るのは容易ではありませんでした」と語る。

授賞式は来年1月17日(日)にロンドンのザ・メイフェア・ホテルで行われる予定となっており、今年は外国映画賞に日本作品『かぐや姫の物語』が選出されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop