ダニエル・ラドクリフは殴られ好き?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニエル・ラドクリフは殴られることを楽しんでいるそうだ。映画の中で倒れボコボコに殴られているようにみられることが好きなだけに、ダニエルにとって暴力的なシーン撮影に臨むことは問題ではないという。「僕がサーカスに加入したとしたら、確実にピエロの落下する役になるだろうね」「倒れること、殴られることが本当に得意だし、それよりも前に、それを楽しんでいるからね」「縛られたりすることやSMとかに夢中で『ああ、僕は殴られるのが大好き』って感じに聞こえるように僕はしているんだよ」「不思議なことに、僕のキャリアの中でパンチしなければならなかったことはそんなにないんだ。だからこそ、殴られることがとても得意なんだよ。それが僕の専門さ」

さらにダニエルは、映画『ヴィクター・フランケンシュタイン』の感情的になるシーンが、アクションシーンよりも難しかったと続けている。「イゴールとヴィクターが登場するこの映画の最後の感情的なシーンは挑戦だったよ」「自分にプレッシャーをかけて、『これはうまくいかないといけない』って思うんだ。この場面をきめなかったら、他のすべてのアクションはもうどうでもいいものになるからね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop