モトリー・クルーのトミー・リー、最後のライブ中に不具合で宙づりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モトリー・クルーが最後とうたう大晦日のライブで、セットに不具合がありドラムのトミー・リーが宙づりになるハプニングあった。同バンドの「ファイナル・ツアー」最後を飾るロサンゼルス公演で、ジェットコースターのレールをドラムが移動する「ザ・クルーシフライ」と呼ばれるセットに不具合が生じ、トミーが観客の上で逆さに吊られる事態となり、救出される一幕があった。

舞台裏スタッフがセットの修理を急ぐ中で、トミーは「このジェットコースターが壊れたみたいだな」「くそったれのジェットコースター!おい、助けろよ。俺を救出しろよ。最後の夜にこんなことが起こるなんて信じられないね。始まったときから何かおかしいと思ってたんだよ」とバンドメンバーに伝え、緊急事態にも関わらず余裕の対応を見せていた。

結局スタッフが必死に修理を試みた甲斐もなく、トミーは自力でセットから降りるはめになっていた。

そんなハプニングがあったにも関わらず、バンドは結成35周年を祝って最後のライブを終え、無事に引退を迎えた。このファイナル・ツアーの模様を捉えたフィルムが年内にも公開される予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop