永遠の命が現実化!?

死亡した人間を蘇らせようとする会社が発足したという。ロサンゼルスを拠点とするHuman Resurrection Through Artificial Intelligence (人工知能を通じた人類再生)の頭文字を取ったHumai社は、脳を凍結させ死後に人工体へと移し替えて蘇らせるという方法に取り掛かっているそうだ。

人体冷凍術とナノテクノロジーが人類が永遠に生き続けられる助けになるとして、同社はその過程が2045年までに実行可能になると信じているようだ。同社のサイトでは「脳のコンピューター機能を使用して感覚機能や新たな人口体と伝達を図る」としている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop