泥酔するロボットが登場!

韓国の科学者が酔っぱらうロボットを開発した。パク・ウンチャン氏はドリンキーという名のお酒の飲み相手になってくれるロボットを開発した。

「2012年のクリスマス、当時彼女がいなかったので1人で焼酎を飲んでいたんです。1人でお酒を飲むというは間違いなく楽しくありません。ですからそれ以上飲みたくなくなったんです」「それで最後にグラスを自分の前において焼酎を注ぎました。それであたかも誰かがいるかのようにそのグラスと乾杯したんです。そうしたら不思議なことにその後お酒の味が変わったんです」とこのロボットを作ることになったいきさつを話している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop