セリーヌ・ディオンの夫が73歳で死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリーヌ・ディオン(47)の夫レネ・アンジェリルが73歳で死去した。マネージャーでありよき相談者としてセリーヌを支えてきたレネは2013年よりガンとの闘病生活を送っていたが、14日(木)に帰らぬ人となった。

代理人がピープル誌に「長期間にわたる勇敢なガンとの闘病の末、レネ・アンジェリルは今朝方ラスベガスの自宅で73歳の生涯を閉じました。遺族は今、プライバシーの尊重を求めています。新たな詳細につきましては、追ってご報告いたします」と声明を出している。

レネは懸命に治療を受けていたが、その闘病生活はセリーヌだけでなく、レネ=チャールズ(14)、二卵性双子のエディ(5)とネルソン(5)の子供達3人にとっても難しい時期だったようだ。レネはセリーヌとの結婚の前に3人の子供をもうけている。

夫の死に伴いセリーヌは今週末に行われる予定だったラスベガスのシーザーズ・パレスでの公演をキャンセルし、子供達とともに喪に服している状況だ。セリーヌのウェブサイトには「大変残念ながら、1月16日(土)と1月17日(日)のシーザーズ・パレスのザ・コロッセオで行われる予定だった公演がキャンセルになったことをお知らせいたします」「AEGとシーザーズ・パレスのスタッフ一同、セリーヌと子供達に心からお悔やみ申し上げます」と記載されている。

セリーヌはレネの看病のために1年間の休みを取った後、昨年8月からこの長期公演に復帰しており、ショーの再開は仮日程の2月23日からとされている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop