イーグルスのグレン・フライが67歳で死去

米ロックバンドのイーグルスの創立メンバーでギタリストのグレン・フライが67歳で死去した。TMZ.comによると、グレンは急性潰瘍性大腸炎、急性肺炎、リウマチ性関節炎などを患っており、さまざまな疾患が重なったことで死に至ったという。

同バンドの公式ウェブサイトには、「我々の悲しみ、彼が僕らに与えてくれたもの全てに対する私達の愛と尊敬を言葉では表すことはできません」と家族とバンドメンバーたちからの言葉が記載されている。

さらにTMZはグレンが11月に手術を受けた後、経過は順調だったにもかかわらず、最近になって症状が急変していたと伝えている。

イーグルスは『ホテル・カリフォルニア』『ならず者』『テイク・イット・イージー』『テキーラ・サンライズ』などでヒットを飛ばして人気を博し、グレンも多くの代表曲の曲作りに参加した。6回のグラミー賞受賞も果したイーグルスは1980年に解散したが、グレンはその後もソロシンガーとしての活動を続けて『ヒート・イズ・オン』『ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ』などのヒット曲を世に生み出した。

先月にはイーグルスの復活パフォーマンスがケネディ・センター名誉賞の席で行われる予定だったが、グレンの体調不良により中止となっていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop