イギー・アゼリア、新曲のミュージックビデオ制作を断念!? 

イギー・アゼリアは新曲『ジリオン』のミュージックビデオ制作を許可しないと所属レコードレーベルから告げられたそうだ。ニューアルバムのティーザー音源として『ジリオン』をオンラインで公開したイギーだったが、所属するヴァージン/EMIによってこの新曲がミュージックビデオを作るほどの出来ではないと判断されたとツイートしている。「最新の悪いニュース:私のレコードレーベル、ヴァージン/EMIは私のバイラル曲『ジロン』に対して良い反応を示していなくて、ビデオを作ることが許されていないの...おばかだったって感じるわ。どうでもいい」

レコードレーベルからの評価に意気消沈してはいるものの、イギーはプロとしての姿勢を貫こうとしているようだ。「たくさんのことを言うことはできるわ。でも、温和にプロフェッショナルにいることにするわね。ただ、質問してきた一部の人達に、何が起こっているかを説明したかったの。もし全てがダメになったら、ロサンゼルス市内を車で回って、毎週月曜日の4時から6時まで私のニューアルバムを大きな音で流すことにするわ(笑)」

ニューアルバムのタイトルは『デジタル・ディストーション』であることが発表されており、年内にもリリースが予定されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop