凍死したと思われていた男性が奇跡の生還!

凍死したと思われていた男性が奇跡的に息を吹き返したという。米トレスコーに住むこの男性は昨年2月、父親によって発見された際にはすでに12時間にも渡って雪の中に横たわっていたそうで、駆け付けた救急隊員が心停止を確認したため死亡したと思われていた。しかし、死亡宣告のために呼び出された医師が心肺蘇生を試みるように指示をし、何時間にも渡って胸部圧迫と体温を上げ血液の循環を良くする装置を用いて蘇生活動を繰り返したところ、心臓が再び動きだし、その13日後には目を開けたという。

凍結状態にある場合には人間の体内の組織はすぐに活動を停止しないという数々の証拠があり、医師団はこの男性が極度の低温で保管されていたために蘇生が可能であったとみている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop