早起きタイプは火星移住に不向き!?

体内時計が異常に遅い人ほど火星滞在に適しているようだ。早起きタイプの人は体内時計が火星の生活時間とは異なることが発覚したため、火星を訪れることが禁止される可能性もあるという。

マンチェスター大学のアンドリュー・ルードン教授は「我々が火星に行くことになったとしたら、体内時計の問題に直面すると見込まれます。体内時計が異常に遅い人こそ火星に住むのに最適です」と説明した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop