デヴィッド・ギルモア、ポーランドでオーケストラとパフォーマンスへ

デヴィッド・ギルモアが6月25日にポーランドで30人編成のオーケストラと共にパフォーマンスをする。「ラトル・ザット・ロック」ワールドツアー中のデヴィッドはワルシャワが2016年度欧州文化首都となっていることを記念して同市内のフリーダム・スクエア特別コンサートを開催することになった。

当日にはデヴィッドの長年のコラボレーターであるズビグニエフ・プレイスネル率いるオーケストラのほか、ポーランド出身のピアニスト、レシェック・モジジェルも参加し、普段のコンサートと一味違ったものになると見込まれている。

このステージはデヴィッドにとって10年ぶりのポーランド公演となる。前回のグダニスク造船所で行われたステージの様子を収めたCDとDVD『狂気の祭典~ライブ・イン・グダニスク~』はヒット作となっていた。

今回のツアーで披露している昨年9月発売のアルバム『飛翔』は世界中で大ヒットを飛ばしており、ポーランドを含めた全11カ国でチャートのトップを飾っている。

3月と4月にデヴィッドは北米とカナダを回る予定になっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop