フィル・コリンズ、3番目の妻と復縁

フィル・コリンズが2500万ポンド(約43億円)の慰謝料を払ったことで有名な3番目の妻と復縁していたことが分かった。6年前に当時のイギリス史上最高額の慰謝料を支払い離婚に至っていたフィルとオリアンヌだが、半年前ほどからマイアミの自宅でまた共に生活を始めており、周囲がそれに気づかなかったことの方が驚きだったという。ブラウン・セカール症候群により一部神経が麻痺しているフィルはザ・サン紙に「3番目の妻と復縁したんだ。あまり口にしてはいないけどね。よりを戻してからしばらく経っているんだけど、誰も気づかなかったみたいだね」と話した。

フィルはアルコール依存症を抱えた後となる昨年、オリアンヌとその2人の息子の近くにいるためにスイスからアメリカへと住居を移していた。7年間の結婚生活を経て2008年に2人が破局した際、ポール・マッカートニーが元妻ヘザー・ミルズに支払った2430万ポンド(約42億円)を超えるイギリス史上最高額の慰謝料をフィルが支払っていた。

フィルは1994年に破局した2番目の妻ジル・タベルマンにも1700万ポンド(約29億円)という巨額の慰謝料を支払っており、最初の妻アンドレア・ベルトレも合わせて合計4200万ポンド(約73億円)の慰謝料を支払っていることになる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop