クリス・ステープルトンら、ACM賞で5部門最多ノミネート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ステープルトンとエリック・チャーチが第51回アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アワード(ACM賞)で5部門の最多ノミネートを果した。クリスとエリックはそれぞれ『トラベラー』と『ミスター・ミスアンダストゥッド』でメイル・ボーカリスト・オブ・ザ・イヤーとアルバム・オブ・ザ・イヤー部門で争うことになる。

2人に続いてカム、クリス・ヤング、リトル・ビッグ・タウンが4部門でノミネートされ、ミランダ・ランバートがエンターテイナー・オブ・ザ・イヤー、フィーメイル・ヴォーカリスト・オブ・ザ・イヤー、リトル・ビッグ・タウンをフィーチャリングした『スモーキン・アンド・ドリンキン』でヴォーカル・イベント・オブ・ザ・イヤーと3部門のノミネートを果たし、その後を追っている。

さらに、ニコール・キッドマンの夫キース・アーバンはエリック・チャーチとコラボした『レイズ・エム・アップ』でヴォーカル・イベント・オブ・ザ・イヤーの受賞候補の挙がり、ケイシー・マスグレイヴスは『ビスケッツ』でビデオ・オブ・ザ・イヤー、そしてミランダと戦いを繰り広げることになるフィーメイル・ヴォーカリスト・オブ・ザ・イヤーで賞を獲得する可能性がある。

第55回アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アワードは、カントリー音楽の伝説ルーク・ブライアンとダークス・ベントリーを司会に据えて4月3日(日)にラスベガスで開催される予定だ。ルークはエンターテイナー・オブ・ザ・イヤー、ダークスはメイル・ヴォーカリスト・オブ・ザ・イヤーにノミネートされている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop