ニッキー・ミナージュ、MTV VMA でのマイリー・サイラスとの争いをラップで歌う

ニッキー・ミナージュが昨年10月のMTVビデオ・ミュージック・アワードの最中に起こったマイリー・サイラスとの言い争いについてラップで歌った。同アワードの全観客の前でニッキーは司会のマイリーを「ビッチ」呼ばわりして話題となっていたが、ザ・フェダーのウェブサイトに登場しているヨー・ガッティの『ダウン・イン・ザ・DM』リミックス版の中でマイリーとラッパー批判で知られるフォックス・ニュースの司会者ビル・オライリーについて歌っている。「マイリー、調子はどう?って言ったの/オライリーみたいに私に支払ってくれるかしら?ってね/私はただここに座って様子を見るわ」

ヨーは昨年9月にこの曲を収録したミックステープ『ザ・リターン』をリリースしていたが、今回その曲をシングルカットとして発表したかたちだ。今月19日にはニッキーをはじめ、リル・ウェイン、フューチャー、プシャ・T、2チェインズ、ティンバランドらが集結したニューアルバム『ジ・アート・オブ・ハッスル』がリリースされる予定だ。

昨年マイリーとのステージ上でのバトルが繰り広げられた直後、ニッキーはこう話していた。「マイリーが私を見ているのを見たの。困惑していたわ。『何なのそれ?』って思ったわ。マイリーが黒人女性に影響するようなことを私に物申すなんて、勇気があるわね。あなたはビデオの中で黒人男性と共演して、黒人女性とはステージに一緒に立っているでしょ。でも、あなたは本当に大切なことを黒人女性がどう感じるかってことについては興味ないみたいね」「なんなのよ、悪いことなくして良いことを望むことはできないのよ。私達のカルチャーやライフスタイルを楽しみたかったら、私達と仲良くして、ダンスして、楽しんで、トゥワーキングをして、ラップして、そして私達に何が影響するのか興味を示すべきよ。何が私達を嫌な気分にさせ、不公平に感じさせるのか。あんたはそれを知るべきよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop