5歳の少年がポニーのために結婚式を用意

5歳の少年がミス・バターボールと名付けられたペットのポニーのために結婚式を開いてあげたという。米ルイジアナ州に住むこの少年は祖父がミスター・ビッグスタッフという名のポニーとバターボルを交配させようとしていることを知り、交配前にちゃんとした結婚式を挙げてあげたいと思ったそうで、音楽とケーキ、チュチュ、蝶ネクタイまで用意してあげたのだそうだ。その少年は「赤ちゃんを作る前に結婚する必要があるってママから教えられたんです」とその理由を語っている。

地元で牧師を務める少年の祖父が正式に結婚式を執り行ったそうだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop