ダフィー・ダックの声優ジョー・アラスカイ、死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨセミテ・サムやダフィー・ダック、バッグス・バニーなどのアニメキャラクターの声優を務めたジョー・アラスカイ(63)が3日(水)夜、がんとの闘病生活の末に帰らぬ人となった。

1952年4月17日にニューヨークで生まれたジョーはメル・ブランクからダフィー・ダックの声優を引き継ぎ、ディズニーの実写とアニメを融合させた1988年作『ロジャー・ラビット』で不機嫌なカーボウイのヨセミテ・サムの声優を担当したことで一躍有名となった。

1990年から1995年にかけて放送された『タイニー・トゥーン・アドベンチャーズ』ではプラッキー・ダック役を演じていた。

アニメ『ダック・ドジャース』で2004年にエミー賞を受賞し称賛を受けたジョーは自身の担当したアヒルを「うぬぼれやで嫌われ者のアヒル」と説明していた。

喉を柔軟にするために毎日歌を歌っていたというジョーはワーナー・ブラザースの作品以外にも『フォレスト・ガンプ』のなかでリチャード・ニクソンの声を担当したり、アニメ映画3部作『ラグラッツ』、『キャスパー』のスティンキー、『トムとジェリー』のドルーピーの声優を担当していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop