ウィズ・カリファ、マリファナ製品を発売

ウィズ・カリファがマリファナ製品を発売するようだ。コロラドを拠点とするリバーロック・カナビス社と提携して数々のマリファナ関連商品を制作したウィズは、この新事業がマリファナ解禁につながることを願っているという。ウィズは「これらの製品は完成させるのに何年もかかったんだ」「ついに一般に公開できることと、リバーロックと共に国内の大麻規制に対する注目度を高め、解禁に向けて取り組めることに興奮しているよ」とコメントしている。

ウィズは今回、たばこ関連商品を販売するロウ・ローリングペーパー社とも提携しているが、マリファナ関連の事業に投資しているのはウィズだけではなく、昨年の11月にはリアーナもマリアーナと名付けられた製品を開発していた。花、食品、3つのフレイバーをそろえた蒸発器用の濃縮物などが含まれた同ブランドを発表した際、大麻専門のウェブサイト18カラットレゲエに「リアーナプロデュースのマリアーナは真に世界初のメインストリームでの大麻ブランドであり、草分けであることを誇りに思います」と記載されていた。

またスヌープ・ドッグもオリジナルの大麻世品となるリーフ・バイ・スヌープを発表していた。最近出されたコメントでスヌープは「俺が大好きなこの製品をみんなと共有できるなんて本当にうれしいよ。花からの濃縮物、それに食用まで、みんなのために自ら選んだものだから、今出回っている中で最高のものだってことが保証済みさ。自信作だからコロラドまで行って1番に試してくれるよな!」とその満足感を語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop