ウディ・ハレルソン、 医療マリファナの薬局をオープンへ?!

米俳優ウディ・ハレルソンはマリファナを医療目的で販売する薬局を開設したいようだ。ハワイで医療大麻の薬局が開設される予定だが、その運営のためのライセンスを申し込んだ66人の中にウディの名前もあったようだ。同州の公式ウェブサイトでその66人のライセンス申請者が公開されており、現在1人1人の申請者に対する審査を行っている段階で4月にライセンス発行の合否が決まるという。

申請条件は5年間以上ハワイに居住していること、100万ドル(約1億1600万円)を保有していることに加え、薬局1店につき10万ドル(約1160万円)を保有していることとなっており、8枠のみとなるライセンスの1つをウディが手にした場合は、7月にオープンする予定のマリファナ生産センターを2箇所、薬局2店の運営許可が与えられるという。実現となれば薬局はウディの運営するシンプル・オーガニック・リビング社の傘下で開設されることになるとみられる。

ウディはマリファナの合法化を長らく訴えている1人で、ハワイのマウイ島に物件を所有していると言われている。

66人の申請者には、あの『テトリス』を生んだゲームクリエイターのヘンク・ロジャースやテレビプロデューサーのディルク・フクシマ、元ハワイ大学教授チャールズ・カワカミも名を連ねている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop