アカデミー賞、受賞スピーチに感謝する人へのチェックリストが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アカデミー賞の受賞スピーチに感謝する人の名前を記載したチェックリストが登場するという。アカデミー賞側は受賞スピーチを45秒以内に収めることを確実にするため、受賞者たちが感謝したい人物の名前を前もってリスト化し、スクリーン上に映し出す手法を導入することを発表した。ノミネート者たちは授賞式典前に感謝したい人物の名前を描き出すように依頼され、受賞に至った場合にはその名前がスピーチ中にスクリーンに映し出されることになるようだ。

アカデミー賞の番組プロデューサーを務めるデヴィッド・ヒルは「もちろんみなさんご存じの通り、私たちは誰にも恥をかかせたくありません。しかしながら監督をはじめ、妻や夫、子供やペットの名前を口にすることをすっかり忘れてしまった受賞者はたくさんいるのです」「今回のリストは保存が出来るようなものになりますので、額に入れたりして家庭に飾っておけるのです。素晴らしいではないですか!」と話す。

この手法が発表された8日(月)に行われたアカデミー賞のノミネート者が集う昼食会の場では、シェリル・ボーン会長は今年度の話題の的になっている多様性の欠如について触れようとしなかった。ジェイダ・ピンケット=スミスとウェル・スミス夫妻をはじめとする一部のスターが今月28日に開かれる式典に出席しない意向を見せている一方で、ヘレン・ミレンなどはたまたまノミネート者が白人ばかりになってしまっただけだろうとアカデミー賞側を擁護する発言をしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop