25年間も砂を食べ続けていた男性が出現!

25年間も砂を食べ続けている男性がいるという。インド北部出身の自称「サンドマン」と名乗るこの男性は砂や砂利、レンガなどを食べ続けているそうで、「私がレンガや石などを食べ続けてもう25年になります。そういうのを食べるのが大好きなんです。特に私に害を及ぼしているとも思いません。幼いころから食べ始めたので、もうすっかり私にとっては普通のことなんです。私の意見としては、砂に含まれているミネラルがエネルギーを与えてくれている気がするんです」と語る。

この男性は「胃にも口にも問題が発生したことはありません。歯もまったく大丈夫です。一番固い石だって問題なく噛めますよ」とこの一風変わった食生活によって健康に支障をきたしたことはないとするものの、医師団はこの男性の嗜好が食品でないものが食べたくなる異食症という症状である可能性が高いと指摘している。

この男性はその食料の入手法として「人の家の剥がれ落ちたレンガや破片などをもらうようにしていました」「定期的に石などを手に入れるにはそれしか方法がなかったんです」と説明している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop