レベル・ウィルソン、エスカレーターにヒールが挟まるパプニング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レベル・ウィルソンが9日(火)に行われた新作『ハウ・トゥー・ビー・シングル』のロンドン試写会の際、エスカレーターにヒールが挟まり転びそうになるパプニングに見舞われたそうだ。ロンドンのレスター・スクエアにあるビュー・シネマで開かれた試写会に参加する直前、乗っていたエスカレーターから降りようとした際に靴のヒール部分が挟まり転倒しかけ、パニックに陥ってしまったのだという。

10日(水)、ラジオ1のニック・グリムショーがパーソナリティーを務める『ブレックファスト・ショー』に登場したレベルは「ハイヒールを履くのはあまり得意じゃないのよ。映画館に行くためにエスカレーターに乗っていたら、ヒールが挟まっちゃって靴を脱がざるを得ない状況に追い込まれたわ。だってそのままだったら私の足首は折れていたからね。ラッキーなことにボディーガードはその靴がつぶれる寸前に救出してくれたわ」と話した。

さらにレッドカーペット上でのハイヒールによるトラブルで知られるレベルは「スーパーモデルになった気分でレッドカーペットを歩くの。でも違う動物のことを想像して、そうね『猫』とかかな。そうすると知らないうちにちょっと違った表情を見せることができるのよ」と続け、自分がスーパーモデルになりきっていることから恥ずかしい出来事が起きてしまうのだと考えていると続けていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop