クリス・ブラウン、女性への暴行罪で訴えられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ブラウンが女性から顔を殴打されたとして訴えられている。先月にラスベガスで開かれたあるパーティーの場で、クリスがリジアン・グティエレスという名の女性に暴力を振るったとされる件で、先日警察側は不起訴の決断を下していたものの、暴行、窃盗、名誉棄損の罪で今回グティエレスから訴えられたという。

ネバダ州クラーク郡で提出された書類には、クリスが滞在していたパーム・ホテル・アンド・カジノの部屋にグティエレスが入った際、クリスかそのスタッフによって顔などを殴打されたとされている。窃盗罪に関しては、その部屋にいた何者かによって携帯電話を奪われたとしており、名誉棄損についてはそのパーティーに参加するには「かわいくなさすぎる」と侮辱された点を指摘しているようだ。

この件についてクリスは常に容疑を否定しており、グティエレスはパーティーに参加できなかったことを根に持っているだけだとしている。クリスの代理人は以前、治療も受けずにそのパーティーを後にした数時間後に警察に通報したというグティエレスが当時混乱状態にあり手が負えなかったために退出を求めたとしていた。また警備員が携帯電話を返却しようとしている間に女性が完全な錯乱状態に陥り、ホテル側の警備員による支援も必要になったとされており、その一部始終はホテルの監視カメラにも収められていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop