LA・リード、ジャスティン・ビーバーと契約したのは女性のように美しかったから!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャスティン・ビーバーは女性のように美しかったという理由で音楽界の大御所LA・リードと契約するに至ったそうだ。ジャスティンが若干14歳だった2008年10月、アッシャーに紹介されたのをきっかけにアイランド・レコードへの所属契約を交わしたリードだが、ジャスティンと初対面の際、当時のその有名なヘアスタイルとルックスに強い印象を受けたことを新刊回顧録『シング・トゥ・ミー』で明かしている。「4時きっかり、アッシャーがかわいらしい14歳の少年と僕のオフィスへやってきた。その少年は美しかった。女性が美しいのはよくある話だが、男性が美しいというのはまれだ。そして彼が部屋に足を踏み入れた途端に引き付けられた」「ジャスティンの髪の毛が彼の曲と声、顔や存在感と同じくらいに重要だということはすぐに見て取れた。ジャスティンはただ美しかったのだ。彼の持つ強大な力は顔にあったのだ」

そんなジャスティンの美しさを絶賛しているのはリードだけでなく、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』で知られるルビー・ローズはよくジャスティンと似ていると言われることについて、「ジャスティンがよくルビー・ローズかと尋ねられると聞いたの。彼はすごく苛立ってるでしょうね」とコメントしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop