ポール・マッカートニー、タイガ主催のグラミー賞アフターパーティーに入場拒否される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポール・マッカートニーがタイガ主催のグラミー賞アフターパーティーへの参加を拒否されたそうだ。妻ナンシー・シェベルとフー・ファイターズのドラマー、テイラー・ホーキンス、そしてベックと共に15日(月)にハリウッドのアーガイルで開かれていた同パーティーに参加しようとしたところ入場を拒否されたポールだが、あまりそのことで気分を害された様子もなく、TMZのビデオ内では「どうやったらVIP待遇されるんだろうね?みんな、またヒット曲が必要なんだよ。またヒット曲が必要なのさ」と冗談を言っている姿が映されている。

ポールはすでに20回以上のグラミー賞受賞経験があるうえ、ベックも昨年に『モーニング・フェイズ』でグラミー賞を受賞しているが、「来年こそ!」と冗談を飛ばしてその場を立ち去り、ハイドで行われていたリパブリック・レコードのアフターパーティーに参加したようだ。

この件に関してタイガは後にポールの入場が拒否されたのはドアマンのミスだったとコメントを出しており、「俺がポール・マッカートニーを止める理由があるか?彼は伝説だよ...でも俺はドアを管理していないからね。ポール卿がいたということを知らなかったんだ。俺はパフォーマンスをして立ち去っただけだったんだよ」とツイートしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop