新作『スター・ウォーズ』、秘密保持のため警備費に4億8000万円!

ディズニーが『スター・ウォーズ:エピソード8』の秘密漏れを防ぐため、300万ポンド(約4億8000万円)を費やして600人の警備員と多数のドローンを配置したという。現在撮影中の同作は現在のところ多くが明かされていない状態となっているが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』同様に公開までその秘密を守るため、侵入してくるカメラの発見を目的としたドローンまで用意しているという。ある関係者はザ・サン紙に「ドローンを伴った特別チームが現場に侵入してくるカメラ搭載のドローンなどを排除することになります。ファンを驚かせることが一番の重要事項なのです」「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は見事に詳細を守り通せましたし、その前代未聞の成功を受けて、ディズニーは次回作に向けて万全の対策を備えているのです」と語っている。

この限界の警備体制は同作の撮影が行われているクロアチアのドゥブロヴニクで取られる方向のようだ。

こんな厳戒態勢が敷かれている一方で、レイア姫を演じるキャリー・フィッシャーは新作の撮影の様子を明かしてしまっており、愛犬ゲイリーが「スペース・ベアー」と書かれたスター・ウォーズの椅子に座っている写真をツイッターに投稿していた。これを見たシリーズのファン達は、これが来年公開予定の新作の仮題なのではないかと予想している。

人気シリーズ第8弾はイングランド南東部にあるパインウッド・スタジオでの撮影の後、東欧諸国で撮影が行われる予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop