セリーヌ・ディオン、ラスベガス公演で亡き夫への想い語る

先月に夫レネ・アンジェリルを亡くしたセリーヌ・ディオンが復帰したラスベガスの常設公演中に亡き夫への思いを涙ながらに語った。長年に渡る咽喉がんの闘病生活の末、先月にレネが他界したことについてセリーヌは「人生を通して私は、毎晩ここに座っていた夫だけに夢中だったわ。みんなは私が彼を見つめていると思っていたみたいだけどそんな必要はなかったのよ。だって目を閉じればレネがステージに私と一緒に立っている気分になれたからね。彼がそこの椅子に座っていようとも、バルコニーにいようとも、バックステージにいようとも、子供たちと家にいようとも。彼はいつも私と一緒にステージにいて、それはこれからもずっと変わらないのよ」「もしかすると彼の声を私はまだ聞いていないかもしれないけど、私はいつも彼に話しかけているわ。いつも彼のことを考えているのよ。私の話を聞いてくれているって感じるの。彼が私に承認のサインをくれるかどうかってことも私は知っているの。そして今、また歌い始めてよって彼が言っているのを感じることができるわ」と話した。

シーザーズ・パレスのザ・コロッセオでの常設公演を行うセリーヌは公演のオープニングで「彼の傑作、曲、シンフォニーの中に私のキャリアがあるということを知っています。この奇跡が詰まったこの公演を終わらせないことはひどく彼を傷つけることになるでしょう。彼が私たちと一緒にいないにせよ、私はこの公演を続けなければならないのです。彼のためにも」というメッセージをステージの大スクリーンに映し出し、レネの人生を振り返る写真の数々をファンに共有していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop