ゲップで罰金を科せられた男が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲップをしたことに対し警察から罰金を科せられた男性がいるそうだ。オーストリアでバーテンダーをしているエディン・メヒックさんは、ある日ケバブを食べた後にとあるウィーンの公園でゲップをしてしまったが、そのことが原因で70ユーロ(約8600円)のチケットを切られたのだという。そのチケットに「警察の隣で大きな音のゲップを行ったことは風俗を乱す」と記載されていたことに驚いたエディンさんは、2月7日(日)に切られたそのチケットをフェイスブックで公開することを決めたようだ。

エディンさんは現在この罰金に対し俄然戦う姿勢を見せているという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop