カイリー・ミノーグ、がん完治から10周年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カイリー・ミノーグががん完治から10周年を迎えたようだ。24日(水)にロンドンのザ・O2で開催されたブリット・アワード2016の開幕前に、カイリーはインスタグラムで乳がん完治から10年経った今の心境をつづった。「今日は乳がんが完治してちょうど10年にあたるの。自然と私の一番近く、親愛なるものが私の心の一番にある。涙の背景には安堵と感謝と思いがある。この節目の時を迎えるのに闘っている人々、この節目の時をすでに迎えた人、そして残念ながら迎えられなかった人たちの思い。ありがとうと言葉では表現しきれないわ」

2005年のオーストラリアツアーの真っただ中にあった際に乳がんと初めて診断されたカイリーは、ツアーをキャンセルして治療に専念し、その1年後には完治していた。 

俳優のジョシュア・サスと最近婚約したことを認めたカイリーは、ジョシュアが乳がん関連のチャリティ団体ブレスト・キャンサー・ケアへの資金集めのために4月24日に予定されているロンドンマラソンを走るつもりだと続けている。「ロンドンマラソンがやってきます。ジョシュア・サスがブレスト・キャンサー・ケアの資金集めのために走ります。資金集めのできるだけできるよう、彼を応援してください!virginmoneygiving.com/RunSasseRunでみなさんも彼のスポンサーになれます。みんな大好き、愛よみなさんに届け」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop