イギリスで絶滅危惧種オオアリクイの赤ちゃんが誕生していた!

イギリスの動物園でオオアリクイの赤ちゃんが昨年12月22日に誕生していたようだ。世界の動物園に約200匹しか生存しておらず絶滅危惧種に指定されているオオアリクイだが、ベルファストのある動物センターにいるオオアリクイのカップル、パンチョとカラの間に新たな命が生まれた。

飼育員のエイリンさんは「カラは素晴らしい母です。最初の6か月は赤ちゃんをほぼ四六時中背負うことになるんですよ」と話す。

実はまだ赤ちゃんの性別がわかっておらず、名前もついていない状況だというが、それでも動物園は名前のアイデアを集めたいと考えているという。

エイリンさんは「(子供を背負って世話するのは)敵の目をごまかすのには素晴らしいのですが、同時に飼育員が性別を確認するのをとても難しくしているのです。この段階で邪魔するのは避けたいのです」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop