リース・ウィザースプーン、デザイン盗用疑惑で訴えられる

リース・ウィザースプーンがデザイン盗用疑惑で訴えられている。ジュエリーデザイナーのジョーダン・ウェインガートナーは、リーズが2015年から展開しているファッションブランドのドレイパー・ジェームズのロゴがジョーダンの特徴的な6つの花びらをモチーフにしたジュエリー「マグノリア」のデザインを盗んだものだと訴えているのだ。

フロリダやニューヨーク、テキサス、カリフォルニアなどの実店舗や、オンラインストアでもヒット商品となっているマグノリアはジョーダンが2008年に著作権を獲得しているものの、リーズがこのアクセサリーのデザインを真似したとしたことで市場が混乱していると主張されている。さらにジョーダンはリーズの利益の分け前、ドレイパー・ジェームズのマグノリア型ロゴの使用停止を求めているとTMZは報じた。

そんなリーズは以前、自身のブランドを立ち上げたのは、さまざまなブランドから広告塔になってほしいと声をかけてもらったものの、そのコンセプトに共感できなかったことがきっかけだったと語っていた。「東海岸系のブランドから広告塔になってほしいって声をかけてもらったの。でも今までやったのはザ・ハンプトンズだけね。北東のほうにはいったことがないわ」「北東のことで知っていることと言えばチャールストン、ノースカロライナ、ジョージアの海岸くらいね。ベランダで紅茶をすするの。サンデーディナーを食べたりね。教会に行くためにおしゃれしたり。これらはすべてわたしの基準なのよ、そしてそれが、みんなに伝えたかったことなの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop