レディー・ガガ、親族がレイプの過去をアカデミー賞で知る

レディー・ガガの親戚はガガが過去にレイプされたことをアカデミー賞で知ったという。19歳の時に暴行されたガガは、祖母やおばなどを含めた親戚にその事実を打ち明けることに恥を感じると共に恐れていたそうだが、先月28日に開かれたアカデミー賞でレイプを題材としたドキュメンタリー映画『ザ・ハンティング・グラウンド』の主題歌『ティル・ハプンズ・トゥ・ユー』を歌った後に、その経験を勇敢にも世間に打ち明けたガガを誇りに思うと親戚たちから告げられたようだ。

祖母とおばと一緒に写った写真をインスタグラムに投稿したガガは「私の祖母とシェリおばさんがアカデミー賞の後に電話してきたの。なぜなら私はレイプされた過去を話したことがなかったから。恥だと思っていたの。そして怖かった。私はキリスト教徒だから、あれは悪の仕業だけど自分の責任だと感じていたからその事実を認めることさえも時間がかかったの」「10年間は自分の責任だと思っていたわ。アカデミー賞の翌朝、祖母のロニーと話をしたら、電話越しでもあきらかに涙があふれているのが分かる祖母が『私の愛する孫娘よ、今日ほどお前を誇りに思ったことはないよ』っていってくれたの」と綴った。

また、ガガは「何よりも恥じていたから長らく秘密にしていたことが、私の人生にいる女性たちが私を誇りに思ってくれることになるなんて。しかもただの女性じゃないわ。私が一番尊敬する女性達よ。勇気をもって打ち明けよう」と他の犠牲者たちも同様にその辛い経験を告白するように呼びかけている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop