ジャック・ブラック、子供が欲しいと思ったきっかけを明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャック・ブラック(46)が家族を持とうと思ったきっかけはアンディ・サーキス(51)にあったそうだ。『キング・コング』でサーキスと共演したジャックは、サーキスの3人の子供、ルビー、ソニー、ルイスと一緒に過ごしたことがきっかけで子供を持ちたいと思ったと明かした。「ある日、彼らの家に行ったとき、サーキスたちは子供を寝かしつけていて、寝る前に物語を読んで欲しいって僕に頼んできたから、『もちろん』ってやったんだ」「あれは、なんて題だったか忘れたけど、エイリアンについてかかれた面白い本で、子供達は笑って、僕の肩越しに本の絵を見ていたんだ。そのとき僕は『最高だ。大好きだなこれ。こういうことしたい』って思ったんだ。そのときから僕の生物時計が動き始めたってわけさ。女の人だけじゃないのさ」

映画の撮影中は、キャストやクルーたちが定期的に家族なども呼んで一緒に交流をしていたようで、ジャックはさらにアンディのことを称賛した。「アンディは映画の中で素晴らしい演技をしていて、俳優としてそれを僕は尊敬して、そして彼の妻と子供との関係を見る。彼のあり方は、本当に充実していて、素晴らしくて、ナチュラルだったよ」「キャスト陣は本当に仲がよくて、毎週末ちょっとした交流をしていたんだ。みんな子供を連れてきたり、外に出かけたり。『(子供を持つって)なんて素晴らしいことなんだ』って僕は思ったよ」とザ・タイムズ紙に続けた。

そんなジャックは妻ターニャ・ヘイデンと一緒にトーマス(7)とサミュエル(9)の2児を育てる親となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop