チャーリー・シーン、月600万円の養育費を支払えないと申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャーリー・シーンが元妻デニス・リチャーズへの月5万5000ドル(約624万円)の養育費を支払う金銭的余裕がないと法廷に申請した。10歳と11歳の娘をデニスともうけているチャーリーは、月61万3000ドル(約7000万円)の収入を得ていた『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』出演時に交わした契約額を支払う余裕がもうないとしている。TMZによれば、チャーリーは収入が大幅に減少したとして養育費の削減を求めているという。

2週間前にはチャーリーが6歳の双子をもうけている3番目の妻ブルック・ミューラーにも養育費の削減を求めていたところだった。

チャーリーは現在およそ月8万7384ドル(約993万円)の収入に対して10万5000ドル(約1993万円)の光熱費、そして2万5000ドル(約284万円)の医療費を支払っているとしている。しかしながら昨年にHIV患者であることを公表したチャーリーは『チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ』の権利を2675万ドル(約30億円)で売却したことを認めている。

現在チャーリーは自宅から追い出したとともに娘に対して脅迫的な携帯メールを送ったとしてデニスから訴えられている。しかしチャーリー側はデニスが欲張りなだけだとしており、担当弁護士の1人は「私はチャーリーを20年以上も請け負っています」「デニスの弁護士パティ・グレイザーは出来るだけチャーリーからお金を奪おうとデニスが雇った一連の弁護士の1人というだけです。今回の動きは子供とは一切関係のないことです。デニスがただ貪欲なだけです」と一蹴している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop