スパイス・ガールズのメラニー・ブラウン、オール・セインツのシャズネイ・ルイスと喧嘩!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スパイス・ガールズのメラニー・ブラウン(40)が同じく英出身ガールズグループであるオール・セインツのシャズネイ・ルイスと殴り合いの喧嘩をしたことがあると明かした。現在『アメリカズ・ゴット・タレント』の審査員も務めているメラニーは、スパイス・ガールズとオール・セインツが90年代に激しく競い合っていた時代にシャズネイと喧嘩をしたことをポッドキャストの『アレッジドリー』に暴露しながら、その戦いでは自分が勝ったと主張した。「オール・セインツっていうガールズグループがあったの。黒人のシャズネイっていう子をトイレで殴り倒してやったことがあるんだけどね。向こうが私にひどい態度を取ってきたから、バスルームに行ってその態度を改めさせようとしたのよ。そうしたら向こうが私の首を絞めてきたから、喧嘩みたいになったんだけど、私が勝ったわ」

そんな過去を明かしながらも現在、オール・セインツのメンバーに対して嫌悪感はないようで、「おもしろいのは、彼女たちが先週ニューアルバムを出したんだけど、すごく良いってことなの!」と続けた。

一方でシャズネイの代理人はメラニーといざこざがあったという事実を否定しており、2人の間に「ちょっとした友人同士の会話」があったものの、なぜメラニーがそんな作り話をしているかが理解できないとしている。「シャズネイはその話が事実でないと言っています。メラニー・B はオール・セインツのコンサートに1度来たことがありますが、アフターパーティーまで招待されていたほどでした」「メラニーとシャズネイはちょっとした友人同士の会話をしましたがそれだけです。それ以外においては2人は知り合いとは言えない関係です。ですからなぜメラニーがこんな話を作りだしたのか私たちはとても困惑しています」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop