カーリー・クロス、マンゴーの新しい顔に起用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーリー・クロスがマンゴーの2016年春夏コレクションの顔を務めることになった。現在トップショップの2016年春夏コレクションのキャンペーンモデルを務め、これまでにもジョン・ガリアーノ、エリサーブ、ジャンポール・ゴルチエ、ダナ・キャラン、ナイキなどトップブランドの顔に起用されてきたカーリーが、今度はスペイン発のマンゴーの新コレクション「ニュー・メタリックス」の広告塔を務める。

カーリーの仲良し軍団の1人ケンダル・ジェンナーもマンゴーの「トライバルコレクション」の顔を務めたことがある。

14歳の時にシーン・マガジンの誌面を飾った後にモデルとしてスカウトされたカーリーは、マンゴーとのコラボについて「最高よ。このキャンペーンがどのように『ニュー・メタリックス』コレクションのエネルギーを捉えてるかってところが大好きなの。世界的にもアイコニックな存在感がありながら可愛くてクラシックなブランドのマンゴーが大好き」と語る。  

カーリーはさらに、ケイト・モスの破局した夫でザ・キルズのギタリスト、ジェイミー・ヒンスが音楽を手掛けたそのキャンペーン撮影を振り返り、90年代に戻ったフィーリングと表現した。「あの撮影は本当に楽しくて、ハイエナジーだったわ。90年代の大規模なダンスパーティーみたいだったわね」

そんなカーリーは学業にも専念したことから昨年ヴィクトリアズ・エンジェルを卒業し、現在ニューヨーク大学でコンピューターサイエンスとソフトウェア・エンジニアリングを学びながらモデルと学業を両立させている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop