ピアーズ・モーガン、デビッド・ベッカムを目立ちたがり屋呼ばわり

ピアーズ・モーガンがデビッド・ベッカムのことを「世界最高の目立ちたがり屋」呼ばわりした。テレビ司会者のピアーズは、ベッカムに自身の応援するサッカーチーム、アーセナルFCをけなされたことでネット上でベッカムへの反撃に出た。ベッカムはアーセナルのアーセン・ベンゲル監督解雇を求めるサポーターたちの写真をインスタグラムに投稿し、「みっともない・・尊敬心のない目立ちたがり屋たち」とコメントを付けていたが、それに対し長年ベンゲル監督に厳しい姿勢を取ってきているピアーズは「そんな風に生存する中で世界最高の目立ちたがり屋が言っている。だまれ、ベッカムさん」とツイートし、さらにはベッカムの妻ヴィクトリアも持ち出して「うーん、どうやらベッカム家がやることは全てベッカム・ブランドを宣伝することが第一になっているみたいだね」と一家で世間の注目を浴びることに必至だと非難した。

そんな厳しい言葉を投稿しているピアーズだが、ベッカムと抗争を始めようとしているわけではないとしており、「僕は別に彼のことが好きでも嫌いでもないよ。ただベッカム・ブランドがすごく皮肉的でうんざりすると感じただけさ」と続けている。

一方でピアーズはカニエ・ウェストにまでベンゲル監督の降任を支援するように促していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop