エレン・バーキン、ランチを喉に詰まらせ病院へ緊急搬送!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エレン・バーキン(61)が22日(火)、食事を喉に詰まらせ病院へ緊急搬送された。米ドラマ『アニマル・キングダム』に出演しているエレンが撮影の合間に昼食をとっていたところ、食事を喉に詰まらせたことで気絶してしまったと関係者がTMZに明かしている。

ロサンゼルスの病院に搬送されたエレンは喉に詰まった食べ物を取り除いてもらった後、無事に病院を後にしており、23日(水)の朝には撮影現場に戻ることができたようだ。エレンの代理人はゴシップ・コップに対し、エレンは「大丈夫」だとコメントしている。

元夫ガブリエル・バーンとの間に2人の成人した子供をもつエレンは、ジョージ・クルーニーの妻アマルの同僚と交際をスタートさせたと昨年に報道されていた。2014年9月にイタリアのベネチアで行われクルーニー夫妻の結婚式で法廷弁護士であり王室顧問弁護士としても活躍するベン・エマーソン氏と知り合ったエレンはすっかり心を奪われたそうで、ある関係者は当時「エレンはジョージとアマルの結婚式で彼に出会ったようで、すっかり気が合ったようですね。また恋をすることができて、エレンはとても幸せそうです」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop