グウィネス・パルトロウとクリス・マーティン、遂に離婚申請書にサイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グウィネス・パルトロウとクリス・マーティンが破局から2年間が経過した今、遂に離婚申請書にサインをしたと言われている。グウィネスからは10カ月ほど前に離婚書類を受け取っていたとみられるクリスが遂に筆を取ったことで、10年間におよぶ結婚生活に終止符を打つ法的手続きが進められることになる。ある関係者はザ・サン紙に「クリスが離婚申請書にサインをしました。これほど長く放っておいたことに特にこれと言った理由はなく、いつかはサインするつもりでした」と話す。

離婚が成立した際には、2人は15歳と9歳の子供たちの共同親権を持つことになり、資産も平等に分割する方向のようだ。前述の関係者は「グウィネスとクリスの間にわだかまりはありませんし、いまだにとても親しい関係です。これまで以上に子供たちのことを最優先にしています」と続けた。

2004年に挙式した2人は、2014年にお互いの関係を見直すための破局を発表した際には世界に大きな衝撃を与えていた。しかしグウィネスはいまだにクリスと家族の行事は一緒に行っていながらも、昨年に離婚申請をしたことで破局への最終決断をしていた。

離婚手続きこそ時間がかかっている2人だが、新たな恋人探しにはお互い余念がなく、クリスはジェニファー・ローレンスとの交際を経て現在はアナベル・ウォーリスと交際中で、一方のグウィネスは2014年8月から『glee/グリー』のクリエイターの1人であるブラッド・ファルチャックと交際している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop