ケイトリン・ジェンナー、女子ゴルフトーナメント参加へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイトリン・ジェンナーが女子のゴルフトーナメントに参加することになった。30日にカリフォルニア州ランチョ・ミラージュで開催される大会「ウィメンズ・プロ-アマ・ゴルフ・ANA・インスピレーション」に、昨年男性ブルースから女性へと生まれ変わったケイトリンが登場する。

会場となるミッション・ヒルズ・カントリー・クラブの内部関係者は、「ケイトリンには大きなハンデがつけられますし、彼女は生まれつきの競争者です。このイベントはケイトリンが女性としてゴルフコースに立ち、女性として扱われたいと世界に表明する完璧な場といえます」とニューヨーク・デイリー・ニュース紙に明かす。

元オリンピック選手でもあるケイトリンは、ゴルフ歴も15年あり、自身の体に新たに加わった胸がゴルフのプレーに良い影響を与えていると話していたことから、この大会でメダル獲得に向けて競うことを心待ちにしていることだろう。ケイトリンは先日、「女性としての私の新しい人生について聞かれるとき、ゴルフについての同じ質問を受けるのよ。『胸が邪魔になりませんか?』ってね。答えはノーなの。私のプレーはいまだにとても好調よ。むしろ、胸がパターによいみたいなの。昔は腕をまっすぐに保つために、靴下をわきの下に挟んでいたけど、今はそんなことしなくてよくなったわ。胸で腕を固定できるからね。完璧なの」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop