キム・カーダシアン・ウェストとエミリー・ラタコウスキー、トップレス姿を披露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キム・カーダシアン・ウェスト(35)とエミリー・ラタコウスキー(24)がトップレス姿を公開した。キムは先日、胸と腰の部分を黒いラインで目隠しした自身のヌード写真を投稿したことで批判を受けていたが、今回はエミリーと一緒に上半身裸で中指を立てた姿で浴室の鏡に写る姿を投稿してその批判に対抗したかたちだ。前回と同様に胸の部分を黒のラインで隠している2人の写真には、前回のキムのヌード写真に添えられたキャプション「何も着るものがないって感じの時(笑)」を進化させ、「私達が、何も着るものがないって感じの時(笑)」とキャプションが添えられている。

さらに、エミリーもその写真を投稿し、女性が性を表現する権利があると主張する。「私達の体がどのようにセクシーであろうと、女性たちがいつ、どのようなかたちでそのセクシーさを表現するかに自由が必要だわ」「女性はその体以上に意味がある存在だけど、だからと言って体や性的な部分を恥じることはないってことよ」「社会の目によって性が定義づけられることは屈辱的だけど、それでも女性がそうしたいと思った時に、セクシーになることができる場所があるべきよ」

キムがオールヌードの写真を投稿した際にピアーズ・モーガン、ベット・ミドラー、クロエ・グレース・モレッツらから批判を受けていた中で、エミリーは自分のヌード写真を投稿してまでいち早くキム擁護派にまわり、「ヌード写真を投稿する女性の決意に対して男性がコメントするのって大好き。その体、キャリアについて。性差別主義者は最低。キム・カーダシアン」とツイートしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop