ジョナ・ヒルが監督デビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョナ・ヒルが成人になっていく男性を描いた映画『ミッド90s』で監督デビューすることになった。ジョナは監督のみならず脚本も担当することになるといい、ある関係者はバラエティ誌にこの作品はロサンゼルスに暮らす若い少年がスケートボード仲間と一緒に人生学び、成長していく物語であると話している。

スコット・ルーディンとイーライ・ブッシュがプロデューサーとして参加することも決まっているが、ジョナ自身はこの作品に出演することはないようだ。

ちなみにジョナにとってこの作品は初監督作品となるものの脚本は以前、チャニング・テイタムと出演した『21ジャンプストリート』、そのほかにも『ジ・アドベンチャーズ・ハンドブック』、声優としても登場したアニメシリーズ『アレン・グレゴリー』などで手掛けた経験をもつ。

そんなジョナはファンタジーの世界に生きる男性を描いたノルウェー発のTVコメディシリーズ『マニアック』の新バージョンにエマ・ストーンと出演することが決まったばかりだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop