トム・クルーズ、『トップ・ガン』続編出演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トム・クルーズの『トップ・ガン』続編出演が公式に決定したようだ。映画プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーはミラマー基地にある米軍戦闘機学校で学ぶトップレベルの戦闘機パイロットたちを描いた1986年作のオリジナル作品の中でマーヴェリックことピート・ミッチェル役を演じたトムの出演なしでは続編を作ることはできなかったと話す。

今年の1月にもツイッターでトムの出演をほのめかしていたブラッカイマーは『エンターテイメント・トゥナイト』の中で、続編にトムが出演するかどうかという質問に対して「もちろんだよ。トム・クルーズなして『トップ・ガン』は作ることはできないよ!」と答えたのだ。

さらにブラッカイマーはウィル・スミスとマーティン・ローレンスの出演が決定すれば『バッドボーイズ』第3弾の製作もありえるかもしれないと話し、エディ・マーフィー主演の『ビバリー・ヒルズ・コップ』第4弾についても現在エディとパラマウントとともに話を進めているところだと明かした。

ブラッカイマーは今年1月、自身のツイッターでファンに向けて「週末に長年の友人トム・クルーズと『トップ・ガン2』について話し合いをして、ニューオリンズからたった今戻ってきたところだよ」と報告し、トムとの写真を投稿していた。

世界興行成績も大成功を収めたオリジナル作品の中ではトム演じる主人公のマーヴェリックとケリー・マクギリス演じる教官チャーリー・ブラックウッドの恋模様も描かれていた。

その一方でサウンドトラックとして使われていたベルリンが歌う『恋は吐息のように』はアカデミー賞主題歌賞を受賞している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop